福井へ!

赤坂寄席、無事にお開きになりました。
聞きにきてくださった方、ありがとうございます。

前駅調査で、福井へ行ってきました。

10月10日、
こみち姐さんが千秋楽の高座に上がってすぐ、
末広亭を出て、バスタ新宿へ向かいました。

夜行バスで翌朝福井着、
その夜に再び夜行バスで帰京するという強行軍でした。

初ウィラーに胸が高鳴ります。


ベビーカーのようなシートが並んでいます。

反対側の奥は
レースのカーテンで仕切られた3列シート(値段が高い)でしたが、
一部閉店した後のスーパーにいるみたいな気分になれて
楽しかったです。

やはり覆いだけでは足りなかったので、
覆いにブランケットをかけて上半身だけでも
個室感を演出しました。

ウィラーに乗る人は、
どうしても自分の場所を確保したいようで、
肘掛けが万里の長城のようにそびえていました。


そう見えないけど、高いのです。

幸いにもとなりがいなかったので、
もうひとつのドリンクホルダーは、
コード、イヤホン入れとして使いました。

福井には
えちぜん鉄道の「福大前西福井」、「日華化学前」、「仁愛グランド前」
福井鉄道の「市役所前」、「商工会議所前」、「赤十字前」、「ベル前」があります。

その全ての
改札から「前」にあるものの距離を
ロードメジャーとストップウォッチを使って測るのです。


ソウルにて。

今回の目玉は「仁愛グランド前」。

仁愛学園のグランドと体育館のために作られた駅です。

体育祭などがある時しか開業せず、
仁愛学園の関係者しか乗り降りできないという幻の駅です。

詳しくは東京新聞に書きます〜。

2度目の福井は、
幸福度ナンバー1ということがひしひし伝わってくるいい町でした。


武生名物、ボルガライス。
オムライスの上に、トンカツが乗っかっています。

こんなものを食べていれば、
どんな人だって幸せになれるはずです。


焼き鳥はワンオーダー5本から。

みんな幸せすぎて、
お腹がいっぱいなのも気づきません。


人間だけでなく、恐竜も幸せそうです。
ちなみに、奥の恐竜が書いてある建物が福井駅です。


人間と恐竜が共存しています。


繁華街の花輪の数も幸せいっぱいです。


あべさんやこいけさんやトランプさんやドゥテルテさん、
普段は反目し合っている人たちも、
福井では仲良しです。


店の名前は「X JAPAN」。
しかも、1周年でこんなにお祝いしてもらえます。


東京タワーののっぽんが!と思ったら、
国体のキャラクターでした。

幸せなので、
多少似ていても気にしません。

福井といえば、
ドキュメント72時間で取り上げられた
24時間営業の無人の氷屋さんですね!

もちろん、行ってきました。


この日は色々行きましたが、
ここに来られたのが、一番幸せでした。


チンチン電車が
都会的な福井駅前まで乗り入れてきます。

この風景と別れるのが辛かった!

また来ます。


恐竜に破壊される前に。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

福井へ! への2件のフィードバック

  1. りばてぃ のコメント:

    密度濃く調査されてきましたね!北陸3県の鉄道はいつ行っても楽しいので、去りがたいのは良く分かります^^)v

  2. 菊千代 のコメント:

    初めてメールをさせていただきます。
    真打ち昇進決定、おめでとうございます。
    10月13日(木)に、浅草演芸場で、落語の舞台を拝見いたしました。
    妻と二人で見せていただいたのですが、妻にとっては寄席デビューでした。
    (私もわずか2回目ですが・・・)
    妻曰く、その日に聞いた落語の中で一番面白かったのが駒次さんの「ガールトーク」だったそうです。これからも、楽しい噺をお願いいたします。
    今後のご活躍をお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です