4歳児方面へ

image
有楽町線、飯田橋駅にて。

今日は馬るこ兄さんに取材してもらいました。
何かに熱中している人間の話を聞いているそうです。

何人かのコレクターに会ったそうですが、
みんなに共通しているは、
データなどをノートに克明に記録していることだそうです。

駒次も鉄道旅ノートをつけていますが、
たいしたことなくて、お腹が空いたとか、
ちょっと飽きたので早く帰りたいとか、
そんなことしか書いてません。

いやー、達人たちはすごいなぁ。

朝、中央線ですでに達人の4歳児を見ました。

お母さんと2人で東京近郊の鉄道乗りつくしをしているらしく、
手にはお母さんが書いたであろう行程表を
握りしめています。

それが凝っていて、
ちゃんと電車の絵が色分けされて描かれていました。

”中央線でとーちょー駅(東京駅)に行って、
山手線で新橋へ行って…”と嬉しそうに
読み上げていました。

それだけでもすげー、と思ったのですが、
千駄ヶ谷の駅を通過中に、
”反対側はしんちゅく(新宿)御苑だね。
デングねちゅ(熱)大丈夫かな。”という発言を聞いた時には
おったまげました。

4歳にして他人の心配までするとは!

あのまま育って欲しいです。
あと、お母さんの作った行程表、
額に入れて飾ってもらいたいです。

絵がかわいかった!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です