落語家の名前方面へ

image
新庚申塚付近にて。

ひとつきぶりの四の日です。
真夏の昼間、しかも平日です。
ありがとうございました。

とある銀行で振り込みをしたところ、
窓口の女の人に
”この古今亭駒次というのはお店ですか?”と
聞かれました。

まさか両口屋是清みたいな名前の一派だと
思ったんでしょうか。

古今亭と聞いても
普通の人には落語家の名前だってことが
分からないもんなんだなぁ、と
りそなというとても銀行とは思えない名前の銀行の前で、
感慨に耽った真夏の午後です。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です