池袋方面へ

image
うちにて。

池袋演芸場でやまと師匠の披露目です。
真打ち披露興行は寄席に初めて来たお客さんが多いです。

特に池袋はこじんまりとしているので、
噺家と個人的に話しているような気分になるのか、
今日も林家木久扇師匠が最後お辞儀をしたのにつられて
”どうも”という感じで頭を下げているお客さんがいました。

微笑ましいです。

このように、高座からは勿論、
舞台袖からもお客さんが丸見えなので、
変な行動をすると打ち上げのネタにされるので気をつけください!

そこのあなた、
見られてますよ〜。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です