日比谷線方面へ

神谷町の清岸院で落語会でした。
今ではビルの谷間ですが、
その昔はさぞかしいい眺めだっただろうなぁ、
という小高い場所にあるお寺です。

三席のうち、
ひとつは「公園のひかり号」をやりました。
会食の時にとなりに座った女性達は、
なんと東海道新幹線開業時に線路を敷いたり、
トンネルを掘ったりした国鉄マンの奥様方でした。

もっとゆっくりお話を伺いたかった!

境内の正面にはその時代からある東京タワー。

20121203-225914.jpg
まるで掛軸のよう。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

日比谷線方面へ への2件のフィードバック

  1. りばてぃ のコメント:

    新幹線建設時の話を聞くことはできましたか?ほんと、縁は不思議なものですね^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です