年末は博多へ方面へ

ご無沙汰しております。

年末は博多に行っておりました。
ただの旅行です。

楽しみの旅行に嫌いな飛行機を持ち込みたくなかったので、
新幹線で行きました。

r0000359
黒崎駅前駅にて。

小倉から在来線で黒崎へ向かいました。

鉄の町に相応しい煙突だらけの中を
とぼとぼ行きました。

おかげでスペースワールド(遊園地。最近閉園)も、
工場群の一部に見えました。

r0000254
ジェットコースターとスペスシャトルと交差する高速道路の合間に
こんなのが建っていて、
遊園地と工場と人の暮らす場所の区別がつきません。

空き地に立つ新しいマンションの看板には、
”リビオ鉄王”とあります。

名前まで鉄の町です(地名だそうです)。

そのせいか、おみくじまで工場的です。

r0000256
黒崎駅のおみくじロボット。
吉でした。

前のおじさんも吉だったので、
きっとぜんぶ吉なんでしょう。
(だったら大吉にしたら)

r0000270
この辺の人はおみくじが好きなようです。

それにしても黒崎はすごいです。

r0000287
駅前にそびえる井筒屋デパート。
セピアで撮ると昔です。

駅前の立派なアーケードも
人間味豊かでたまりません。

r0000302
拡大して読んでください。
駒次はこの場で泣きそうになりました。

r0000334
餅屋さんがいないと、
正月が来た気がしません。

r0000337
紳士も集っています。

それに影響されて、
動物も植物も生命力にあふれています。

r0000312

このあと、
黒崎駅前駅から筑豊電鉄で筑豊直方へ抜けました。

直方にもこれまた素晴らしい商店街があったのですが、
中でも目にとまったのが、

r0000398
直方の成人式。
筑豊の成人式なんて、胸が躍るじゃないですか!
どうしてこの時期に来なかったのか、痛恨の極みでした。

r0000443

西鉄に乗って、太宰府にも足を伸ばしました。

その沿線は、
正に敬愛するチャゲアスを育んだ地帯なので、
一瞬たりとも車窓から目を離せませんでした。

ふたりが出会った福岡第一高校、第一経済大学などなど。

耐えられず、
askaさんの生まれ育った春日原駅で降りてしまいました。

r0000429
四六時中、
彼らのことしか考えてなかった中高時代に来たら、
気を失っていたと思います。

そのわりに太宰府の境内では、
さだまさしさんの”飛梅”を口ずさんでしまいました。

♩あなたがもしも遠くへ行ってしまったら
 私も一夜で飛んでゆくと云った
 忘れたのかい 飛梅

たまりません。

最後に、
もともと胃腸は強くはないのですが、
もはやもつ鍋を食べられない体になってしまったことを
お知らせします。
(いやー、もたれたー)

本年もよろしくお願いいたします。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

年末は博多へ方面へ への2件のフィードバック

  1. りばてぃ のコメント:

    博多は別格として、北九州の元気のなさは足を運ぶと痛感しますよね。さびれた感を味わうには絶好な場所ですが^^;)

    • komaji komaji のコメント:

      ものすごい寂れ方をしたから、逆にああいう感じで古い物が残っていて面白いんでしょうね。淋しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です