夏の終わり方面へ

image
湘南台駅にて。

湘南台に行きました。

客席が扇形をしていて、
その上こう配がきつくてお客さんに遥か上から
見下ろされているような会場でした。

まるでローマのコロッセオで落語をやっている気分になりました。

image

外観も激しいです。

昔、湘南台に行った時、
駅に貼ってあった子供が書いた”この街のいいところ”という標語に
”湘南台 人の知らない 店がある”というのがありました。

それって”人がいかない””つぶれそうな”店なんじゃ。

夜はラジオに出ました。

生徒の作文の中に出てくる
地下鉄好きの女の子の作文を読みました。

初恋が実り、破れていく過程が
地下鉄の駅を言葉遊びにして書かれています。

女の子が彼の浮気を疑い
”妙なことだと神楽坂 あなたのあとを築地市場”
彼のうちの前でこっそり”戸越に中延伺えば”
”春日に聞こえる綾瀬声”で浮気を確信するのですが、
やっぱり放送局的に”綾瀬声”はまずかったらしく、
”春日に聞こえる女の声”に変えてやりました。
(そりゃそうです)

昔、かぐや姫の神田川で
”クレパス”という歌詞が使えなかったというエピソードがありますが、
駒次もついにそこまで登り詰めたかと、感慨深かったです。
(全然違うわ!)

駒次も鉄道歌のリクエストをしました。

チャゲ&飛鳥の「夏の終わり」も候補に出しておいたのですが、
採用されずでした。

地下鉄のホームで別れを切り出せないままたたずむふたりを描いた
チャゲさんボーカルの名曲です。

”いま別れを決めた そのまなざしで
いつ恋をするの 夏の終わりだった”

切なすぎて胸がきゅんとなるので、
仕事中にかからなくてよかったかもしれません。

そういえば、
こないだのチャゲさんライブのアンコールは
なんと”YAH YAH YAH”でした。

なんで今更書くのかというと、
昨日ツアーが終わったからです。
(ネタバレ怒られるから)

お客さんが飛鳥パートを歌いチャゲさんがハモってくれました。

それにも勿論感動したのですが、
”ハンギンゼー 病まない心で”のところで
飛鳥さんが歌う”オオ〜ハンギンゼー”のシャウトを
お客さん全員が完璧に再現していた(しかもぴったり!)ことが
一番嬉しかったです。

やっぱり体は覚えているんだなと感じ入った
夏の終わりです。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

夏の終わり方面へ への4件のフィードバック

  1. トーマス のコメント:

    鉄うた三昧聴いたよ~矢野顕子の「中央線」大好きな歌(昔中央線に乗っていた)だったので、嬉しかった~^^どうもありがとう。

  2. 確か 25898 のコメント:

    夏の終わり 名曲ですよね。
    この時期になるとこのフレーズを耳にする度
    今でもこの曲が浮かびます。

    さらに彼らの会員だった頃
    夏の終わり というお題で写真を募ってて
    冗談で送った写真
    (お皿に食べ終えたスイカの皮を乗せて笑ってる)
    が 会報に載ってしまい (16年以上前:笑)
    さらに忘れられない フレーズになりました。

    名前は 当時の会員番号です。

    • komaji komaji のコメント:

      おー、会報に載ったんですね。駒次も楽しみに読んでました〜。
      なつかしい〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です