広島、福岡へ方面へ

どうもこんにちは。
夏を生き抜いていらっしゃることと思います。

昨日はお盆恒例のプークに行きました。

その前の日まで、
広島や福岡を18きっぷで回ってまいりました。

R0000076
山陽本線、三原駅にて。

日本中夏休みまっただ中シーズンだったため、
どこも混みまくりで、夏らしくてよかったです。

初日は東海道線、山陽本線をひたすら西に行き、
広島で泊まりました。
(どこにも寄り道しなかった!)

相変わらずのJR東海。
沼津から浜松、ずっと立ちっぱなしです。

姫路で駅そばにありつけた時には、
神に感謝しました。

R0000533

姫路の駅そばは、
細いうどんのような、白いラーメンのような、
不思議な麺です。
(でも、そばです)

広島駅に入る直前にマツダスタジアム脇を通ります。
(中継でレフトスタンドのうしろに見える電車)

ちょうど、
阪神の内野手がマウンドに集まっているのが見えました。
ピンチだったようです。

中継を見ていた人、
11日の20:15頃に通った
黄色い115系の一番後ろに乗ってたのが駒次です!

見えましたか?

その後、チンチン電車がユニフォームの人で溢れましたが、
さすが阪神ファン、それに混じってちゃんとタイガースユニを着ていました。
(私なら因縁つけられないように脱ぐと思います)

お好み村でお好み焼きを食べました。

このオリンピック時期(しかも柔道が気になる)に
店のテレビでは韓流ドラマがやっていて、
店主のお兄さん、見まくりでした。
(お好み焼きを焼いている手元は見てない)

R0000343
岩国駅にて。

R0000384

敬愛するCHAGEさんの出身地、
小倉にも降り立ちました。

建て替えになる旦過市場という古い市場も覗きました。

R0000445
廃墟じゃないよ。
旦過市場です。

R0000404
CHAGEがやってくるのか!?と一瞬喜びました。

R0000464
ママの髪型が時代を感じさせます。

筑豊の炭坑の列車達を乗り尽くそうと思っていましたが、
門司港で花火があるという情報を入手したので、
計画を変更しました。

行ったはいいのですが、
ものすごい人でした。

その日のうちに新山口に行かないと次の日東京に帰れないので
混雑の中を命からがら脱出しました。

R0000519
門司港駅。

レトロな駅で花火の音がドンドンとなっている中
風向きで花火の煙が駅に充満し、
しかも総出の駅員さんが”前の方が空いてます!”
”走らないでください!”などと叫んでいるので、
空襲で逃げ惑っている気分になりました。

車内でひと息ついたのもつかの間、
関門トンネルを通って下関に着いたとたん、
本州側で見ていた人たちの群れが!

ぐちゃぐちゃの浴衣を着た歌舞伎者のような若者にまみれ、
結局、新山口まで立ちでたどりつきました。

最終日は帰るだけの日(来た同じ道を戻る)でしたが、
この日こそ花火本番で、
くたくたの夜、天竜川、焼津で花火帰り民の襲来に合いました。

もう浴衣見たくない!と思っていたら、
今度は清水からエスパルスサポーターが大挙して乗ってきました。

オレンジ色が苦手になりました。

最後、熱海発品川行きの車内でビールを飲んだら、
ふた口くらいでまわってしまい、
ああ、疲れていたんだなと気がつきました。

ここで毎回、
やっぱりお盆はさけた方がいいな、と気がつくのですが、
きっとまた、同じ間違いを繰り返すんだろうと思います。

では!

R0000270
広電の信号所。

R0000362
徳山の八百屋さんの猫。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

広島、福岡へ方面へ への2件のフィードバック

  1. りばてぃ のコメント:

    今度また、落語とスライドショーのコラボを見せてください^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です