魔隣組方面へ

image
人形町駅にて。

落語の鉄人でした。

しん吉兄さんはゆうべ大阪を立ち、
夜行バスで郡山へ行き(東京通り過ぎてる)、
新潟へ出て、東京に来たそうです。

そのあと落語を2席やるなんて、
駒次だったら耐えられません。
(新潟で力尽きて、電車が事故ったから
行かれなくなった、と電話しちゃうと思います)

兄さんとは同い年(37歳)です。

小学生の頃、
”中華ないぱねま”とかの時間にやっていた、
”じゃあまん探偵団魔隣組”の話をふったのですが、
知りませんでした。

奈良ではやってなかったのか!?

とにかく、エンディングテーマの
”憧れミステリー”という曲がものすごくいいので、
聞いてみてください。
(YouTubeにあります)

全然関係ないですね。

やっぱり今回も、
初めて落語を聞く人がきてしまい
苦渋の表情をうかべていました(ように見えました)

7回目ですが、
お客さんもだんだん増えてきているので
この調子で続けたいと思います。
(次回は来年の今日の昼間です)

いま電車のシートの端っこに座っています。

脇の手すりによっかかって
駒次にお尻を向けて立っているお兄さんが、
どうかおならをしませんように。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です