素晴らしきプロレス方面へ

image
旧万世橋駅前にて。

連雀亭のあと、
久しぶりにプロレスを見にいきました。

後楽園ホールは規模といい、
興行の進み方といい、寄席みたいです。

きっと序盤に出るレスラーは、
あまり派手なことをやっちゃいけないんだろうと思います。

だんだんと盛り上がって、
トリで大爆発するところなどまさに寄席です。
(たまーに、消化不良の試合があるところなんかも。ごくたまにですよ)

トリはリコシェ選手VSオスプレイ選手の、
空中アクロバット対決でした。

会場をところせましと飛び回っていました。

ただ、華麗な技の応酬が続くと、すごさを通り越して過剰になり、
コメディ化するんだと知りました。

すごいけど、すごすぎて、笑いどおしでした。
(一生懸命やってるのにすみません)

オスプレイ選手、アクロバティックなくせに、
技をかけられたときの痛がり方がダサかったです。

本当に痛そうに、”ああ〜”と言っていて、
ずこーっとなりました。

いつか、5人対5人のタッグマッチで
一度もタッチしてもらえないレスラーの噺を作りたいと思います。

お楽しみにどうぞ。
(いつになるかわかりませんけど)

image


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です