中華方面へ

image
半蔵門駅にて。

披露目も残すところあと5日です。
今日はおさん兄さんです。

国立演芸場周辺で打ち上げをやると、
たいてい中華料理屋さんになります。
(店の数に比べて中華がめちゃくちゃ多い。今日の昼も中華です)

昨日行った店で、駒次愛飲のお湯を頼んだところ、
通じませんでした。

”お湯”と言うと”お湯割り?”と返されます。

試しに”温かい水”と言ってみたら”おお、分かった〜”と通じました。

ココアは分からないけど、
ホットチョコレートは分かるみたいな感覚なんでしょうか。
(お湯割りは分かるのが不思議です)

ただ、ものすごく気のいい店員さんだったので、
また行きたいと思います。

初夏の雰囲気になってきましたが、
まだまだお湯を飲む駒次です。

さよなら。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です