美方面へ

image

image
新宿駅にて。

昨日、小津安二郎の「お早う」と
ウォンカーワイの「花様年華」を続けて見たら、
佐田啓二とトニー・レオンが似ているということが分かりました。

昔の美男美女を見るのは楽しいです。

そのあと「クヒオ大佐」も見ましたが、
例のショーンKが浮かんでしょうがなかったです。
(アメリカ人のふりをしていた日本人の結婚詐欺師で、
鼻を高く整形している)

BSでやっていたやつなので、映画が古くてすみません。

今日は久しぶりに
小田急線の新宿駅のロマンスカーカフェに行きました。

真っ正面にロマンスカーが入ってくるのを見ながら、
やっぱり電車も美男美女はいいな、と思いました。
(ブサイクにもかなり心ひかれますが)

そう考えると駅員くん、けっこう男前です。

カフェにはいつも入場券を買って入るのですが、
出るとき改札で”130円お返しします”と言われました。

どうやら、カフェ利用なら入場料130円はいらないようです。
(カフェで注文した時にスタンプを押してもらう)

”お返しします”と言われて
とっさに”いや、いいです”と返事をしてしまったのですが、
(”姉ちゃん、釣りはとっといて”的な感じで)
鉄道という規則正しい場所でなぜそんなことを言ったのか
自分でも不思議です。

駅員さんが”へい、いただきやす”と
喜んで受け取るとでも思ったんでしょうか。
(噺家じゃないんだから)

さあ、明日から国立演芸場で
真打披露の最後の10日間です。

駒次も出ますからぜひ来てください!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です