ピアニストの憂鬱方面へ

image
代々木上原駅にて。

ある集まりで落語をやってきました。
(鉄道戦国絵巻をご所望でした)

場所は表参道です。
仕事で表参道に行ったのはたったの2回目です。

上野、浅草、新宿、池袋ばかりの身には新鮮でした。

赤坂の落語、作っています。
1席、朝がくるまでには出来上がりそうです、

タイトルは「ピアニストの憂鬱」です。
そのまんまピアニストの噺です。

もし色んなところでできるようになったら、
前座さんに嫌がられそうです。

前座さんがネタ帳にタイトルを書くとき、
一生懸命辞書で「鬱」の字を調べている光景が目に浮かびます。

そんな光景が見られるよう頑張りたいと思います。

どんな内容かは、10日14時半からの赤坂寄席で聴いてください。

待ってます!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です