はぶらし方面へ

image
淡路町駅にて。

毎年行っている城西国際大学の講義に行きました。

みんなで千葉県の地名で
恋の山手線形式の言葉遊びをしました。

”あなたがい千葉んすきなのよ”とか
”銚子にのって房総よ”みたいな感じで
恋人との出会いと別れの物語を七五調で作るのです。

地名の他に名所もあげてもらったのですが、
QVCマリンフィールド(ロッテマリーンズの本拠地)が出ました。

これをどうやってシャレにすればいいのよ、と
みんなで考えた結果、
彼にもらった指輪がQVCマリンフィールドの形だったという
ことに落ち着きました。

それをもらった彼女は
”心は天まで舞浜よ”と嬉しがっていて、
変わった人だなと思いました。

夜は連雀亭でした。

サラリーマンがほとんどで、
仕事帰りにちょこっと寄る、というのが定着してきたのかな、
と感じました。

帰ってきてから、
はまっているNHKBSのドラマ「はぶらし」を見ました。

池脇千鶴のコノヤローッ!と思わせる演技と(あの顔ったら!)、
内田有紀と不倫している尾美としのりの生々しさに感嘆しています。
(今日の左遷されてギラギラ感がなくなった感じにもまた心を打たれました)

内田有紀は売れっ子脚本家で神楽坂に住んでいる設定らしいのに、
マンションのロケだけは中野というところも親近感が湧きます。

内田有紀と淡い恋をする男も
30代で古書店員で枯れてて、でもかっこいいというのが、
最初は、うへえ〜っ、となりましたが、
回を追うごとにどんどん男らしくなり(あいつもやればできるんだ)
目が離せません。

とにかくものすごく面白いので、試しに見てみてください!
(来週が最終回ですが・・・)

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です