投げ方は大事方面へ

image
近所にて。

今更ながら、初めて健さん映画を見た駒次です。
(年末にBSでやっていた、「駅」と「居酒屋兆治」です)

駅はその名の通り、鉄道満載で面白く、
(暴走族役の宇崎竜童には驚きました)
兆治はひとつひとつのエピソードが全て、
結局は”やっぱり健さんって、男気があるな”ということに
収斂していく感じが良かったです。
(ちあきなおみの店のホステスさん(好井ひとみさん)が素敵でした)

兆治の健さんは期待されながらも肩を壊して
甲子園出場が叶わなかった元高校球児です。

そういう設定の時、やっぱり投げ方は大事だなと思います。

確か、健さんが投げる場面はなかったと思いますが、
健さんが目をかけながら、でも肩を壊しそうだなと心配している
現役の高校生投手が、それ絶対に肩やっちゃうよ、という投げ方でした。

こないだ見た「就職戦線異状なし」の織田裕二と的場浩司も
高校時代鳴らしたバッテリーでした。

特に的場浩司はものすごいキャッチャーだったはずなのに女投げで、
というより、的場浩司なのに女投げで、ズコーッとなりました。

駒次の落語「助っ人の詩」にもプロ野球選手がキャッチボールをやるシーンがあるので、
ズコーッとなられないように頑張りたいと思います。

では。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です