ブルペン方面へ

image
信濃町駅にて。

神宮、また行っちゃいました。

もらった席がものすごく良くて、
ブルペンの真ん前でした。
(阪神側ですけど)

”大引のところに合わせて調整せえよ。”とか
投手コーチの指示まで聞こえました。

試合の終盤になると、
コーチが備え付けの電話をかけることが頻繁になります。

奥さんに電話してるんだったらいいなあ、と思いました。
”今日の晩飯なに?”とか。
”あいつが打たれたから、ちょっと遅うなるわ。とか。”

あのコーチは本当にそんなこと言ってそうな顔で
電話をかけていました。

image
福原投手越しの花火。

やっぱりお盆だからか、
遠征組が結構いたようで、関西弁が飛び交っていました。

後ろのお母さんが
ブルペンで投球練習をする安藤投手に
こっちを向いてもらおうと大声で呼びかけていたのですが、
”安藤さーん・・・安藤さ〜ん・・・安藤ーっ!”
と最終的に呼び捨てになってました。

その息子(小学3年生くらい)は阪神のことに詳しかったのですが、
まだローマ字は読めないようで、
お母さんに”今ブルペンで投げてるの誰や。”と聞かれて
”うーんとね、渡辺だよ渡辺。おーい渡辺〜!”と言っている目の前で、
その渡辺の背中にはでかでかと”YAMAMOTO”と書いてありました。

やっぱり阪神のお客さんは強烈だなあ〜。

楽しい時間をありがとう、阪神のお客さん。
(今日はもう、そこしか楽しむところがなかった!)


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です