喜多方方面へ

image
東京駅にて。

喜多方で落語をやりました。

三三兄さん、正楽師匠、仙三郎師匠、
仙志郎兄さん、正太郎という、
不思議な豪華メンバーです。

師匠方と一緒ながら、
磐越西線の車窓をこっそり堪能しました。

喜多方らーめんを食べ、
楽屋のお菓子を食べ、
地元中学のサッカーの試合をちら見し、
兄さんのワンセグの甲子園を気にして、
その合間に思い出したように落語をやりました。

夜、郡山で電車を降りると、涼しい!
昼間の猛暑が嘘のようです。

しかも新幹線のホームからは、阿武隈川の花火!

そんな気分を引きずりながら
降りた新宿駅の、人いきれ!

すかさず向かいのホームでムーンライト信州を待つお客さんを見て、
涼をとりました。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です