なんて美しいんだ!方面へ

image
赤坂駅にて。

浅草へ行ったあと、
野球を見にいきました。

敵地東京ドームへ乗り込み、
我がスワローズを応援しました。

悔しいことに席が敵陣だったので、
ものすごく小声でレジスタンス活動をしました。

となりのおじさんが、
ほら、点が入ったんだから、君もオレンジタオルを振り回しなさい!
と絡んできたくらい、
周りにバレないように応援しました。

しかもボロ負けの空気だったので、
8回で逃亡をしました。

すいません!

帰ってきてから、
急に映画を見たくなって、
2005年にやった”ヨコハマメリー”という
作品を見ました。

伊勢佐木町に立っていた
顔を真っ白に塗ったおばあさんの人生を追った
ドキュメンタリーです。

美しい生き方をしたメリーさんを
美しく映した映画でした。

そしてもうひとつ美しいのが、
出てくる人たちの言葉です。

ゲイのシャンソン歌手や元芸者のおばあちゃん、
楽しかった思い出を語るヤクザのおじさん、
それから街角のクリーニング屋さん。

メリーさんや伊勢佐木町のことを語るんですが、
なんともいい言葉使いで喋っていました。

ひとりのおじさんが、
昔、盛り場のお姐さんに襲われたときのことを思い出して、
”見事に轟沈(ゴウチン)しちゃったよ。”と言っていました。

ただそれ言いたいだけだろ!と思いました。

街の風景に時々、京急が映っていて、
ああ、このうらぶれているけど美しい光景は、
東急の横浜じゃなくて、
京急の横浜なんだな、と思いました。

ヨコハマメリー、お勧めです。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

なんて美しいんだ!方面へ への2件のフィードバック

  1. tonpi のコメント:

    ヨコハマメリー、観てみたいんですよね。
    去年、横浜のショーパブに行って、メリーさんに扮する人が出てきて

    気になって、ウィキりました。
    彼女が気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です