中手方面へ

image
東日本橋駅にて。

今日も浅草です。
客席も天気と同じような感じでした。

落語をやっていると時々、
中手(なかで。噺の途中で起こる拍手)がくることがあります。

駒次の落語にもひとつだけ、中手がくるのがあります。

と言っても、毎回ではなく、
客席があったまってない時などは来ません。

そういう時は、
拍手を強要して場を和ませるのですが、
今日もそういう雰囲気でした。

シャレできつめに言うんですが、
今日のお客さんはとても純粋で、
その後は拍手がいらない場面でもするようになりました。

今度は大きな声で”ここは拍手いらないんだよ!”と言ったら(あくまでシャレよ)、
どうしたらいいのか混乱してしまったらしく、
落語と落語の間の高座返し(前座さんが座布団とめくりをひっくり返す)で
舞台に出て行っただけで、拍手が起きていました。

皆さん、混乱させてすいません!

明日も行きます。
どんなお客さんか楽しみです!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です