初めて国立で方面へ

image
また九段下駅にて。
あり?

国立競技場の屋根が間に合わないそうですね。

今後は、赤坂寄席やせめだるまなどで、
新作落語を作るのが間に合わなくても
”いいじゃん。国立の屋根だってできないんだから!”
と言い訳したいと思います。

今日の国立演芸場のトリは燕弥兄さんです。

国立で初めて「お世継狂騒曲」をやりました。

今までは、国立だし、あすこに近いし、と遠慮していたのですが、
燕弥兄さんがやれというのでやりました。

聞いたことがある人は、
あの場所であの噺をやって大丈夫!?と思うことでしょう。
(どんな噺かは、想像してください。)

だって、兄さんがやれって言うんだもん(責任転嫁)。

兄さんのお客さんだけあって、
怒る人もおらず、楽しんでくれたようです(多分)。

良かった〜。

まだ聞いてない人は、どこかで偶然聞いてください〜。
(当分やらないと思いますが。)


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です