楽屋パラダイス方面へ

image
九段下駅にて。

今日も国立です。
トリは馬玉師匠です。
いっぱいでした。

楽屋のモニターで演芸場の裏にある国立劇場の模様が見られるのですが、
3時頃、小劇場で行われている文楽の吉田玉男さんの
襲名披露の口上が流れていました。

ものすごく厳かで、これぞ伝統!という感じの口上でした。

きっと向こうもこっちを見て、
口上ふざけてるなー。と思っていることでしょう。

そのとなりのテレビでは
ヤ対巨のデーゲームがやっていました。

ヤはヤっと連敗脱出です。

違う部屋のテレビでは、相撲をやっていました。

見たいものがいつでも見られる国立の楽屋、すごいね!

明日も国立で、何を見ようかな〜。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です