国立方面へ

image
九段下駅にて。

今日から真打ちのお披露目が再開です。
我らが扇蔵兄さんがトリでした。

いやー、国立演芸場の雰囲気、独特です。

都内にある他の4軒の寄席も、
お客さんの空気はバラバラなんですが、
国立は特に不思議です。

国立劇場の裏にあるあの空気がそうさせるのか、
ただ、年齢層が高いだけなのか。

こんなことを感じながら、日々高座ができるなんて
あー、面白い。

明日は新宿2丁目の道楽亭で、
駒次に似ているようで似ていない、
始めちゃんとの会です。

駒次は、久しぶりに、
さよなら、ヤンキーをやってみようかと考えています。

国立では一生できないネタだろうなぁ。

7時開演です。
お待ちしてます!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です