ミュージシャンはつらいよ方面へ

image
神田駅にて。

絶好のお花見日和、皆さんはいかがお過ごしでしたか。

駒次は昼間、
連雀亭が再会しましたよ、というのを宣伝するために
神田の界隈を志ん輔師匠や二つ目連中で練り歩きました。

チンドン屋的なものを目指したため、
駒次がホルンで東京音頭を吹きました。

いや〜、ひどかった〜。

1コーラスを2回吹いただけで、唇が再起不能になりました。

あとで落語をやったのですが、
そのせいでかみまくりでした。
(それはいつもか。)

夜は右女助師匠の披露目の笛です。

楽器の掛け持ちをするとは、
駒次もやっと一流ミュージシャンの仲間入りです。

楽器をご用命の際は、
マネージャーを通すようにお願いします。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です