寄席と笛方面へ

image
九段下駅にて。

昼間、鈴本へ行ったあと、
夜は国立小劇場で笛を吹いてきました。

吹いたと言っても出囃子を5曲吹いただけですが。
しかも、師匠達、すぐ高座に上がってしまうので、
吹き始めて平均15秒くらいでおしまいです。

働いた気がしないです。

たださすが国立劇場のことだけあって、
舞台袖でも響きが良くて、
めちゃくちゃうまくなった気がします。

勘違いです。

駒次の笛がうなりをあげる、
真打ち披露興行は3月21日から始まります。

まずは鈴本へお越しください!
(鈴本だけ高座はないのでご了承を!)


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です