きく麿兄さんにもらった古地図方面へ

image
昨日、九段下駅にて。

image
今日、溜池山王駅にて。

昨日は連雀亭で新作落語5連発でした。
せまいのでたーくさん入っているように見えました。
多分、錯覚だと思います。

こないだきく麿兄さんに古い鉄道地図をもらいました。

image

なんできく麿兄さんがこれを持っていたのか謎です。

大阪の環状線がまだ環状になっていない、
京王線も高尾まで行っていない、かなり古い時代のものです。

裏に「旅行に関する12節」というのがあるのですが、
そこに書かれていることが時代がかっていて面白いです。

「旅の注意」の項目では、
”汽車に乗っても気にかかるのは現金。列車中には専門のスリがいて、
そのヤリ口も極めて巧妙であるから、小遣以外は身体につけてしまっておくこと。”

まるで今の海外旅行のようです。

「赤帽と一時預かり」には、
”大駅で列車乗降のさいは赤帽に頼むこと。
下車した駅で再び乗車する場合は〜駅の一時預を利用する、
内容物の失われることは心配は絶対にない。”

治安悪かったんですね。

「バス旅行」
”汽車を降りて目的地までバスがあるが時間が分からない時は、
早朝にその駅に着けばまず大丈夫。”

当たり前でしょ!

「船旅」
”汽車は三等でも船は二等に乗りたいもの、
船ほど等級の差のある乗り物はない。”

船に厳しいです。

「旅館」
”交通公社の協定旅館があって、これがまず安全、
駅前はあまり関心できない場合が多い。”

駅前旅館に厳しいです。

しかも、
”無いときは親切な民主警察の駐在所を頼る。”

旅館を警察に聞いてたんですね。
しかも民主警察。

極めつけは「おみやげ」です。
”金額をはるばかりが能ではない、
おくる相手によりセンスを働かせること、
僅かの金で心のこもったおみやげができる。”

おみやげのことまで説教されたくないわ!

昔って万事こういう風に
教え諭す的な感じだったんでしょうか。

いや〜、面白いです。
きく麿兄さん、ありがとうございます!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です