ついに判明方面へ

image
総武線、大久保駅にて。

恒例の洋楽寄席です。
クラシックの司会と落語です。

我が家のとなりはこじんまりした
クラシック音楽のホールと練習場のある建物で、
家でぼんやりしていると、
そこから1時間に一度くらいピアノのめちゃめちゃな和音が
高い音から低い音へ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、と聞こえてきます。

いつも気になっていて、
現代音楽的すぎるチャイムかなあ、などと思っていました。

洋楽寄席の終演後に着替えているとその音が聞こえてきました。

えっ!?と思ってその正体を探った所、
弾き終わったピアノの鍵盤を布で拭く時に出る音だということが分かりました。

いや〜、もう2年くらい気になっていたので、ほっとしました。

これからはいちいち惑わされずに済むので良かったです。

ちなみにそこの練習場の窓がこちらに向いているのですが、
こないだふと見たらバイオリンを練習しているカップルが・・・。

故意に覗いたんじゃないのよ。
信じてください!お願いします。

場所は内緒です。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です