すごい人たち方面へ

image
総武線、大久保駅にて。

チョコレートの食べ過ぎで弱っている駒次です。
(噓です。)

洋楽寄席に行きました。
気軽なクラシックコンサートで司会と落語をやりました。

出演者の方と演奏後に軽くトークをします。

ピアノの方が
”こないだうちの庭にサギが飛んできたの。池の水を飲んでたみたい。”
とおっしゃっていました。

さらっと言ったので流しそうになりましたが、
サギの飛んで来られるような広い庭にしかも池があるって、すごいですよね。

さすがクラシック、桁が違います。

ちなみに駒次の師匠志ん駒の師匠、志ん生師匠(師匠言い過ぎです)の
家にも池があったそうです。

志ん生師匠はそこで飼っている金魚を釣るのが日課でした。

志ん生師匠はただ竿を持っているだけで、
うち弟子だった師匠(駒次の師匠)が針にご飯粒をつけて
それを金魚の口の前におくのが役目だったそうです。

それをぱくっと金魚が食べると
”師匠釣れました!よ、すごい!”となるんだそうです。

釣れた金魚はキャッチ&リリース。
だけど次の日も同じ金魚を釣るんですって。

すごいなあ〜。

ちなみに駒次の師匠は、
志ん生師匠の家の庭から東京オリンピックの大空に描かれた五輪のマークを見たと言っていました。

すごいなあ〜。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です