ソースせんべい方面へ

image
庚申塚駅にて。

四の日でした。
巣鴨の街は今日が縁日のため、
本領発揮という感じで混んでいました。

次々やってくる都電が
往時を偲ばせるようで良かったです。

夜、赤坂の山王さまへお参りに行きました。

10年ぶりくらいにソースせんべいを食べました。
パチンコをはじいて18枚が当たりました。

液状のチョコをおじさんがかさかさの傷だらけの手で
1枚ずつ丁寧に塗ってくれました。

もう1人のおばさんは
となりのお好み焼きやさんのネギを切っていたので、
あの手で塗られるよりは良かったなと思いながら、
美味しくいただきました。

その後お寿司やさんに入りました。

築地がやっていない時にお寿司やさんに入ってはダメなのですね。
世間知らずの駒次はそんなことも知りませんでした。

とにかく何もなくて、
芽ネギと卵とサラダ巻きを繰り返しいただきました。

となりの外国人カップルが”デリシャス”と言いながら食べていたのですが、
どうかこれがお寿司の全てだと思わないでくれと、
心の中で祈りました。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です