妄想方面へ

image
総武線、新小岩駅にて。

昼は、新小岩のお寺で護摩の前に落語をやりました。

一番前のおじさま方の席が
高座のものすごくの真ん前のうえに
目線の高さも同じだったので
目のやり場にこまりました。

おじさま、よく耐えましたね!
お疲れ様です。

昼過ぎからはたまごの会です。
ビール売りの女をやりました。

全然関係ないのですが
ネットで女の子の妄想で”壁ドン”が大人気!みたいな記事を見たんですが、
(ちっとも大人気じゃないと思うんですが)
壁ドンなどというもはや人口に膾炙した言葉が妄想の範疇で語られていることに
妄想のネタをやっている落語家として
大いなる不満を感じました。

妄想というのは誰にも理解されない
全く個人的なものであるはずでしょうが。

妄想が大人気!になるはずがないと思う今日この頃です。

そんなこと、どうでもいいわ!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です