災い転じて方面へ

image
新庚申塚駅にて。

昼間はいつもの四の日です。

7日に行われる
始ちゃんとの顔面相似形2人会のチラシを見た左橋師匠に
駒次と始の顔が似すぎているとの
お墨付きをいただきました。

実物はどうか分かりませんが、
チラシに載っている写真は確かに似てます。

それを確かめたい方は7日に町屋に来てください。

夜は笑助兄さんとの会です。

何度かご一緒させていただいているのですが、
お互いの噺をゆっくり聞くのは初めてだったので
良かったです。

トリでやった噺の中で、
進行上入れておかないといけない仕込みを忘れてしまい、
後で付け足したのですが、
そっちの方が断然分かりやすくなることが
判明しました。

まさに災い転じて福となす、です。

普段からコンスタントに間違えているからこそ
できたことだと自画自賛しています。

ありがとう、間違い!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です