お先真っ暗方面へ

image
阪急電車、烏丸駅にて。

大阪へ行ったついでに
本日は京都をウロウロしてきました。

朝は阪急梅田駅構内の、
9本のマルーン色の電車が発着する様子を眺めることができる
喫茶店でモーニングを食べました。

大阪の人は近所にあんな所があって
羨ましいです。

京都の新京極では誓願寺に行きました。

商店街の真ん中にあるとは思えない
大きな仏様につられて入ったのですが、
そこは落語の元を作った
安楽庵策伝が大昔に住職を勤めていたお寺でした。

初め知らずに拝んだ時は
「どうも、お邪魔しま〜す。」くらいの感じだったのに、
それが分かった途端、
お賽銭を追加し
「どうか、どうか面白い落語ができますように!」と
畳に頭をすりつけんばかりにお祈りしました。

でも、お祈りしている時に
バタン!とブレーカーが落ちて本堂が真っ暗になりました。

普通、そんなことあります!?
お先真っ暗ということでしょうか。

お賽銭が少ないというメッセージだったら嫌なので、
お守りも買いました。

奮発したので、
願いごとの方、よろしくお願いしますね〜。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です