ダムに沈む駅方面へ

image
吾妻線、川原湯温泉駅にて。

草津に来るついでに、
9月いっぱいで岩島〜長野原草津口が
新線に変わる(八ッ場ダムに沈むので)吾妻線に
乗りました。

特に川原湯温泉駅はダムに沈む駅です。

image

あの橋の高さまで水が溜まるとのこと。

川原湯温泉は高台に移転しているので、
駅から元々の温泉街への坂道は廃墟になっていました。

image

まるで現代の遺跡のよう。
これが道沿いにずっとあります。
温泉だけあって
どこも浴槽のタイルが残っています。

きっと脱衣所の壁だった所には
こんな貼り紙が。

image

ここまで壊したのに、
何ではがさないんだろう。

ずいぶん山を登ると、
眼下に新しい川原湯温泉駅が見えます。

image

これからは湖畔の駅になるんですね。

ダムに沈むのは
吾妻線で一番景色が綺麗な場所(吾妻峡)なので
目に焼き付けようと思っていましたが、
廃墟で頭がいっぱいになってしまいました。

ちょっと沈んだ気分を
電車内の手書きの形式が癒してくれました。

image

もうちょっと丁寧に書いてほしいです。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です