夢の乗り物大集合!

今日の未来の乗り物は、
山万ユーカリが丘線です。

山万ユーカリが丘線といいますと?
山万という不動産屋さんが運営。
京成線のユーカリが丘駅を起点に住宅地をぐるっと1周約15分で結ぶ。
真ん中にあるレールをタイヤで挟んで走る小さな3両編成。


愛称はコアラ号。

ユーカリが丘にちなんで
コアラをメインキャラクターに採用しているからか、
沿線にはどことなくオーストラリア的なおおらかさが漂っていました。

路線図からしておおらかです。


“地区センター””公園””女子大””中学校”。
なんという名前の公園があるのか、どんな中学校があるのか、
誰も追求しません。


上のような図をどこかで見たことがあるなぁ、と思ったら、
原始人の地図でした。

コアラ号はのんびりしているだけではなく、
とても省エネです(車内は冷房ではなく、送風でした)。


750ボルトで走ります。
“君の瞳”よりも低い電圧です。

沿線を眺めていると、
次から次へとオーストラリアならではの光景が目に飛び込んできます。


真夏のクリスマス。
オーストラリアには日本通が大勢いるそうです。


今がシーズンなんですね。


ありがとう、前向きに生きて行けそうです!

しかし、ただ底抜けに明るいというだけではないことを、
ユーカリが丘駅前の像を見て知りました。


生の喜びを体中で表現します。


あたし、生きてて良かった!


ああ、俺もだよ・・・。
寂しそうなのはなぜ?

これを見てからもう一度ひと回りすると、
違った顔が見えてきます。


うつろなコアラ。


不良仲間とたむるするコアラ。


打ち捨てられた中学校駅の看板。


アジサイにしか使ってはいけないじょうろ。
以外に神経質です。

でも大丈夫!
沿線にはそんな気持ちを吹き飛ばす素晴らしい風景があります。


田んぼの中を行くコアラ号。


でっかい夢だってあります!


コアラ1号、2号、3号、そろい踏み!

皆さんも寂しさを感じたらユーカリが丘線に乗ってみてください。
まずユーカリが丘まで行くのに疲れますが、
あの健気な姿にきっと心打たれることでしょう。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です