三田方面へ

image
幡ヶ谷駅にて。

三田の大会社で落語をやりました。
玉の輔師匠に連れていっていただきました。

社員の方にトイレの場所を尋ねたら、
「そこを右に曲がって、左に行ったらまた左、
もうひとつ右に行くとあります。」
と教えてくれました。

その通りに行ったら、
男子トイレの個室にピタリと着きました。

大をしたいということまで見抜くとは、
さすがユニ・チャームです。

ありがとうございました!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です