千穐楽方面へ

image
有楽町線、護国寺駅にて。

国立の楽日でした。

9月21日から始まった真打ちの披露目は
今日でお開きです。

駒次は高座の他に、
お囃子の笛を吹くという役目があるのですが、
楽日になってやっと調子が出てきました。

次回吹くときは
また絶不調からのスタートです。

頑張るぞ!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

千穐楽方面へ への2件のフィードバック

  1. トーマス のコメント:

    良いアングルですね~線路も一緒に写ってるのが素敵です(線路好きだものでw)
    寄席の笛は、かなりの肺活量が必要と思われますが…貧血になりそうですな。

    • komaji komaji のコメント:

      アングルを見ていただいて、ありがとうございます。

      笛は今のところ、肺活量は
      問題なさそうです。

      いつか、笛を堪能しに寄席へお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です