声枯れた方面へ

image
我が家にて。

末広亭、今日は金朝師匠でした。

打ち上げの中華屋さんで、
チャキチャキの江戸っ子のシェフが
中国から来たばかりの皿洗いのお兄さんに怒鳴っています。

言葉が分からないので、
古参のウェイトレスさん(上海の江戸っ子)に
通訳をさせています。

怒鳴りを怒鳴りのまま訳しています。

新入りの皿洗いお兄さん(福建省の江戸っ子)がまた、
怒鳴り返しています。

そのやりとりが耳に入らないように、
我々もやけになって大声で話します。

もう声が出ません。

明日が休みだということを、
噺家になって初めて感謝しました。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です