ドンマイ方面へ

image
幡ヶ谷駅にて。

恐らく最多登場の9000系。
さすがに見飽きました。

夜は駒次行きつけの喫茶店、
ポエムでぼんやりしました。

おじさま2人組が、若者の堕落を嘆いていました。

「特攻隊を見習え。」とか、
「赤穂浪士のように生きなきゃならん。」などと、
怪気炎をあげていました。

自分を棚にあげて生きる。

僕もそれを目指そうと決めた、晩夏の夜です。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です