高円寺演芸まつりへ方面へ

昨日、駅すぱあとの落語会、
無事にお開きになりました。

来てくださった皆さん、
ありがとうございました!

このページを見ていても、
駒次の落語を見たことがない人がわりといらっしゃるので(不思議なんですが)
来年はぜひお越しください!

今日は同じ高円寺演芸まつりの一環で
小杉湯という銭湯で落語をやりました。


しかも洗い場。
高座はお風呂すれすれの断崖絶壁です。

高座は男湯、楽屋は女湯でした。


ツルバー?

コードをたどってゆくと


銀色のドライヤー。
なるほど、シルバーか。


豪華な格天井です。

築83年の格調高い建物の待合室では、
若いキャメラマンの写真展が開かれていました。

被写体は全て若い男性なのですが、
説明を読むと、去年の12月に別れたキャメラマンの元彼なんだそうです。

今流行の、
別れた腹いせに写真をばらまくやつかと思って、
一瞬ハラハラしました。

どうやら円満だったようで、
元カレが写真にコメントを寄せていました。

キャメラマンが愛おしげに撮った元彼の寝顔の写真に
撮られた当人が”悪い夢を見てたのかも”とコメントしていたのを見て、
ただの嫌みじゃないかと思ってしまった駒次を
神さまお許しください。


夜の掃除などをする、
番頭アルバイトも募集しているそうです。

湯屋番そのまんまだなと嬉しくなりました。
(分からない人は勉強してください。落語の基本中の基本です
ちなみに、駒次はこのネタを持ってませんが)

今度、高円寺で飲んだついでに
小杉湯に行こうと決意しました。


女湯は、駒ヶ岳です!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です