真っ暗な末広亭方面へ

image
新宿三丁目駅にて。

台風一過ですね。

昨日は師匠と病院に行こうとしましたが、
外に出て師匠が風に飛ばされたら大変だということで、
おとなしくお茶をして過ごしました。

今日から末広亭です。

トリは正雀師匠です。

灯りをおとし、
高座に燭台を二本おいての怪談噺です。

末広亭は、
高座と障子を挟んですぐが楽屋なので
(楽屋から廊下も何もなく、戸を開けたらいきなり高座なのです)
楽屋も電気を消して真っ暗です。

戦後すぐに建ったあの寄席の真っ暗な超和風な楽屋で、
怪談を聞くのは怖いです。

客席より怖いと思うので、
こっちにお客さんを呼んだらどうかと思いました。

ただ、畳敷きでものすごく居心地がいいので、
きっと寝転んで、そのうち寝息を立てる人が続出するでしょう。

駒次は時々、
2階の楽屋でうっすら聞こえてくる師匠達の落語を子守唄代わりに、
横になってます。
(内緒よ)

24日、25日、26日、28日に出演しますので、
お時間ある方は来てください。
(16:55頃の上がりです)

29日からは韓国へ行きます。
(ただの旅行です)

今、日本列島の南にいすわっている台風、
早くどっかへ行って欲しいです。

なんか、
高気圧に阻まれてこちらへ戻ってくることもあるらしいです。

去年、台湾に行ったときは、
沖縄の脇を西に抜けていくはずだった台風が、
Uターンして台湾に戻ってきたトラウマがあるので、
なんとしてもやめてください。
(台湾に台風が上陸した次の日に駒次が上陸しました)

神さま、お願いします!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です