ふげん社方面へ

image
新富町駅にて。

ふげん社という本屋さんで鉄道落語会をやりました。
本棚と鉄道写真に囲まれて、和やかな会でした。

出囃子のCDと間違えて、
歌舞伎みたいなやつを持っていってしまい、
”よぉ〜っ、ポンッ、おぅ〜”という
ものすごくあがりづらい曲(曲なのか?)で
高座に出ました。

出囃子でウケたのは初めてです。

木村君と藤田君という早慶写真部の俊英から、
鉄道写真の極意を学びました。

鉄道写真を撮っていると聞いて、
どんなネルシャツさんが来るかと思ったら(ただの偏見です)、
2人ともスラッとした爽やか好青年でした。

普通の落語会も場所によって空気がちがいますが、
鉄道落語という限定されたジャンルでも
会場で雰囲気は変わるんだな、と思いました。

やっぱり色んなところでやるのは楽しいです。

次はしん吉兄さんとの「落語の鉄人」です。
お江戸日本橋亭というもろ落語な会場です。
6月11日日曜日、18時からです。

ちなみに明日は、
9時頃から玉川美沙さんの文化放送ハピリーに出ます。

番組は7時からやってるそうです。

もし起きてたら聞いてください!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です