素晴らしい贈り物方面へ

image
末広町駅にて。

昼間、連雀亭に行きました。

久しぶりに昇々君と会えて嬉しかったです。
2年前くらいに2人で会をやって、
お客さんが全然来なかったのを思い出しました。

三木男兄さんが足をひきずっていました。

サバゲーで名誉の負傷をしたのかと思ったら、
ただくじいただけだそうです。

ちよりんは立派にトリを勤めていました。

お疲れ!

夜は披露目の2日目です。

ぼたん師匠(師匠と呼んだのはやっぱり初めてです)は、
フィギュアスケートのプルシェンコが好きで、
プル好きの人たちの集まりから、
プルの写真がふんだんに飾られた花が届いていました。

感動しながら高座をみたら、
(舞台にお客さんからもらったものを飾ってあるのです)
フィギュアスケートの靴がありました。

これもプルファンからの贈り物だそうです。
(歯の部分に、寄席文字で林家ぼたんと入っていました)

もつべきものはファン仲間ですね。

駒次の時はぜひ、
実物の車両を飾りたいです。

ファン仲間の皆さま、お願いいたします!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です