寒いよ方面へ

image
新宿駅にて。

JRの駅に貼ってある「やらかい京」という
京都の伝統を全面に押し出したポスターを見ると、
”お茶漬け食べはりますか?”(変な京都弁ですが)とか
ほうきを逆さにされる、とか、
都市伝説的な方の京都を感じてしまい、怖くなる駒次です。
(全然やらかくない!)

寒さが厳しくなったので、湯たんぽを出しました。
本体だけで、カバーがないので、
直接触れるとものすごく熱いです。

寝てる間にも、あちっ!と起きます。

足が温まったおかげで寝つきは早いのですが、
最初の2時間くらいは何度も目が覚めてしまいます。

カバーを買うのは悔しいので、何かいい方法ないでしょうか。

湯たんぽユーザーの方、よろしくお願いします。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

寒いよ方面へ への4件のフィードバック

  1. ゆうこ のコメント:

    駒次さん、こんばんは。湯たんぽヘビーユーザーです。
    タオルを巻く、または、トレーナーとかTシャツ、スウェット素材のなにかで包むのはどうでしょう?マイ湯たんぽはスウェット素材のカバーですが、心地よいです。ヤケドしませんように!

  2. tonpi のコメント:

    湯たんぽユーザーです。
    うちは、カバーがあるのに
    寝てる間にカバーが取れて
    アチッてなることがあるので、
    カバーをせず起きているうちに熱湯を入れて
    多少アチッてなりながら温まり、
    当たっても熱くない温度になったところで
    布団の足元に入れて寝ています。

    それこそ、手ぬぐい巻いてみたらどうですかねー?

    • komaji komaji のコメント:

      カバーがあってもあちってなるんですね!手ぬぐい、薄いから熱そうですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です