裏表方面へ

image
表参道方面へ。

今日は大人の双子を二組見ました。

しかも、ものすごく似ている2人を。
格好も狙ったように一緒で、得した気分です。

おしゃれな双子は大人になっても、
特に同じ格好をするんだなと、勉強になりました。
(あれは双子感を完全に出していたなあ〜。)

仲の悪かった双子も、大人になればああなるのかなあ。
(だとしたら、大人になるっていいことですね〜。)

表参道を歩いているとき、
ファッション誌のスナップを撮る人が
駒次とすれ違い様、おお!っという動きを見せました。

とうとう俺も撮られる日が来たか、
と嬉しい気分でいたのですが、
夜、ある女の人に会った時、
”駒次さん、なんでTシャツ反対に着てるんですか?”と聞かれました。

なるほど!
どうりで、女の人たちが俺の方を見てたわ。

っつうか、それまで会った落語関係の人、気づけよ!

裏返しのまま、神宮で野球を見ました。

image

たまたま、古田さんが野球殿堂入り記念の日だったようで、
投手は高津コーチ、打者は真中監督、
捕手は古田元選手、2塁守が山田選手という、
とんでもないオープニングでした。

新作落語界でいえば、
三遊亭円丈師匠、柳家小えん師匠がたっぷりやってから開演!
みたいな感じでした。
(桂文楽、古今亭志ん生師匠と死んでも言わないところ!)

敗北しましたが、ものすごく良い試合でした。

それにしても、いい席でした。
途中で帰った東三楼兄さん、ありがとうございます!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です