おしゃべりなお客さん方面へ

image
浅草駅にて。今更初登場の青い京急です。

今日も浅草です。

駒次がマクラを喋っていたら、
客席でも普通声で喋っているおじさんがいて、
お客さん全員がそっちを見ていました。

小咄が終わってからお客さんに
”喋っている人がいても気にしないでくださいね〜。
そのうちつまみ出されると思いますから。”と言っておきました。

浅草、いいね!

昔の寄席の空気が色濃く残っている場所で
普通に落語ができるなんて素敵なことです。

あと一日出ますから、
浅草演芸ホールの独特の雰囲気、見に来てください!

世間の常識に飼いならされていない野生のお客さんたち、
駒次と同じ世代には新鮮だと思いますよ〜。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です