お雑煮方面へ

image
うちにて。

松の内が終わってまだ間もないですが、
もうお雑煮が恋しくなり、作って食べました。

我が家は勿論、すまし汁に鶏肉です。

ちなみに埼玉県川口出身の師匠宅は、鶏のレバーです。
弟子入りして初めて食べましたが、
めちゃくちゃうまいです。

今日は最後の味付けが一発で決まり、
料理の天才かと思いました。

落語を作るのもあれくらい一発で決まって欲しいです。

奇跡のおばさんを手直ししていたら、
外が明るくなってきました。

気がついたら噺の前半がまるで変わっていました。
いつかお目見えできると思いますので、
お楽しみに〜。

おやすみなさい。


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です