暮れの恒例方面へ

image
新井薬師前駅にて。

今日から暮れの風物詩、師匠宅の大掃除が始まりました。

庭を掃除したのですが、
庭の主のかえるの冬眠を邪魔しないよう気を使いました。

前に隅っこの草をむしっている時、
かえるのぐにゃっとした体をもろにつかんでしまい、
気持ち悪すぎて死ぬかと思ったことがあります。

子供の頃、
草むらに入ったボールを取った手の上に
カマキリがこっちを向いて乗っていて
気を失いそうになったことがあります。

そんなことを思い出しながらやっていたので、
首筋に枝が触れただけで心臓が止まりそうになりました。

いちいちビビっていたのでものすごく時間がかかりました。

やっぱり人間は自然の驚異には勝てないものですね。

明日も大掃除、頑張ります!


カテゴリー: 駒次鉄道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です